毎日のシャンプーの仕方を考える

img_5227.jpg

ほぼ毎日する事、

シャンプー。

毎日する事だからこそ、気をつけないとトラブルの原因になります。

という事で、シャンプーの際の注意点を。

  • 最初の流しが大事。寒い季節だからって熱いお湯ではなくぬるま湯(38℃程度)で!シャンプー前にブラッシングしておくと尚良し!

まだまだ長野の夜は寒い。熱いお湯を頭にかけたら直ぐにシャンプー。。。
これだと泡立ちが悪かったり汚れがしっかり落ちていないかも。
シャンプーを付ける前にしっかり頭皮全体濡れてるように、髪が絡まないようにしながら、しっかり流します。
寒いし、熱いお湯が好き!って方もいると思いますが、熱いお湯だと頭皮の乾燥やカラーの色落ちなどの原因にもなります。
しっかり流すだけでホコリ汚れなどはほぼ落ちます!
さらに流す前の髪の毛乾いた状態の時にブラッシングしておくとホコリやフケなどもしっかり落としたり、抜け毛の絡みを取ったりします。こんな感じのブラシなどお持ちでしたらぜひ試してください。
ただし、頭皮傷付けるような感じにガツガツやるのはダメですよ!

  • シャンプーを手に取り、手やネットで泡立てて頭皮を洗う

手に取ったシャンプーをそのまま頭皮(髪)に付けてしまう方もいらっしゃるようですが、必要以上にシャンプーの量を使ったり、摩擦の原因にもなりますので泡立ててから”頭皮”を洗いましょう。
絶対に爪を立てて洗うことはダメです。
頭皮を傷付けてしまって、炎症の原因になったりします。
マッサージをするような感覚で汚れを浮かすやり方も血行促進にもなりますのでオススメです。
僕がとても共感した、大阪でヘッドスパサロンをされてる田口さんの記事も合わせて読んでください。
私がお客様に「かゆいところありませんか?」と聞かない理由

マッサージするのに最適な

クリームズクリーム。


シャンプー後のすすぎ(流し)は本当に丁寧にしっかりと!

せっかく丁寧にシャンプーしてあげてもしっかりすすいであげないと頭皮の汚れ詰まり、炎症の原因になります。
食器や洗濯も すすぎ をしっかりしていないと気持ち悪いですよね?頭皮(髪)も同じようにしっかりすすぎましょう。
シャンプーの倍の時間くらいすすぎ時間かけましょう。
あっ、もちろんぬるま湯で!

  • トリートメントは髪にのみ付ける。たくさん一度に付けるより、少量を二回三回付けて流してを繰り返したほうが良い

せっかくシャンプーで脂汚れ落としたのに、トリートメントの油分を頭皮に付けてしまっては意味がない。(スカルプ系の物など、保湿成分や炎症を抑える成分が入っている物で、頭皮に付けるタイプの物もあります)
毛先などダメージが気になる所、たくさん付ければ効果大!って思うかもしれませんが、ドカッ!とたくさん付けてもあまり意味は無いです。それより、ドカッと付ける量を二回三回に分けて付けて流してってやったほうがシットリサラサラします。

と、シャンプーの事について書きました。

まとめ

  • シャンプーの前も後も”しっかり汚れを落とすように流すこと”が大事
  • お湯はぬるめで
  • シャンプーは泡立ててから頭皮に付けて、爪を立てない。マッサージしながらだと血行促進になる
  • トリートメントは付けて流すを数回繰り返したほうが効果あり

たくさんシャンプーのやり方などネットに出ていますので、違う意見もあるとは思いますが、僕がすすめるシャンプー法を記しました。
ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

cielo ホームページ

cielo   TEL 026-215-2970

Facebookやってます。よろしければ友達申請してください。

Instagram
Instagram d_groov

LINEで予約、髪の相談も受け付けています。
LINE ID d_groov で検索して友達登録してください。
LINE@からもご予約などできます!
@hair.cielo で検索して登録してください!