得意なモノを より得意にできるように

梅雨?

秋晴れ というものは来るのか心配になる最近の天気。
運動会とか無事に出来ているのでしょうか?

やはり雨が多いと気になるのが、
クセ毛によるウネリやボリューム(ダメージにもよる)

以前書いていたAmebaブログ でも縮毛矯正のこと何度か記事にしていましたが、ホント難しい技術なんです。
さほどクセが無く、今までカラーやパーマ、縮毛矯正は1度もしたこと無いっていう健康毛の方なら伸ばすことはさほど難しくありません。(だからって絶対に市販の薬、ましてやプロ用の薬を使用して自分で行うことはしないでください!取り返しつかないコトになるかもしれません。)
しかし、縮毛矯正かけて数ヶ月後、根元が伸びてきたからその部分をまたかけたい。
カラーを度々されている方の縮毛矯正。
以前かけた部分もクセがでてきてしまった(ストレートが上手かかっていなかったorその後のケアが上手く出来ていなくてダメージによる広がりなど)ので、根元だけでなく全体にかけたい。
などなど どんどん難しい技術になっていきます。

得意 だと思っていても研究しないとね!

って事で、ウィッグちゃんを使って。

右側前部分。こちらは何度もパーマ、縮毛矯正を繰り返し、さらにクセ毛のようにパーマをかけた状態。

左側後部分。

こちらもパーマ、縮毛矯正を繰り返し、さらにブリーチをしたうえに、毛先はビビリ毛と呼ばれるチリチリした状態を作った髪。
手触りはザラザラして硬くなっています。

全体ではなく、今回はこの2か所を。

ビビリ毛は超ダメージ毛です。薬剤によって出来たのか?熱によって出来たのか?という違いはあれど、どちらにせよ強いチカラにより出来たダメージ毛。
なので繊細に扱わないと切れてしまうコトも!
しかし、このようにジリジリになってしまったモノを真っ直ぐにするにはパワーも必要。
そこが本当に難しいのです!

今回は同じ処理剤、薬剤を使い、放置タイムも一緒。
1剤流し乾かした後は、

右側前部分。


左側後部分。

アレ?右側前部分クセ取れてないじゃん⁉︎

まぁ、気になる結果は後ほど。

ココからアイロンを。
そして2剤塗布。

右側前部分。


左側後部分。

この時点で 勝利を確信!

で適度に放置して流して、ドライのみ。

今回はまずは左側後部分から。


ジリジリした毛はだいぶマシになり、手触りもかける前より良くなりました。

そして、流した時点でしっかり伸びていなかった
右側前部分は、


伸びました!
 
 
 
今回は検証のためウィッグの毛ですので、人の毛と違う部分もあるとは思います。
でも予想通りのなかなか良い結果が出たと思います。

しかし、ここまでのダメージ毛。真っ直ぐにはとりあえずなりましたが、その後のケアの仕方によっては直ぐにダメージにより広がる可能性も!
シャンプー、トリートメントはもちろん。乾かし方(乾かさないなんてのは以ての外)、梳かし方まで。
繊細に扱っていくコトをしないといけません!
真っ直ぐになったし、ついでに染めちゃえ〜 なんてセルフカラーなんか言語道断!
破滅の道へまっしぐら!です。

再度言いますが、ビビリ毛は超ダメージ毛。そこにさらに薬剤を付けています。
見た目は良くなれど、髪が健康になるわけない!ましてや生き返った〜なんてなるわけがない!!!

ケアが本当に重要になります。
ぜひ、一緒にケアをしていきましょう。
(もちろん、ビビリ毛にならないようにしなくてはいけない、寧ろビビリ毛作るのは大概美容師側なんですが…泣)

髪って重要ですよね。その髪の毛をいつまでも綺麗にいれるように、僕も美容師としてお客様に喜んでいただけるよう、さらにこれから精一杯努力していきます。お客様もぜひ日々大切に扱っていってください。
本当にどうしようもないダメージ毛は切るしかないですから…
 
 
 
 
 
cielo ホームページ

cielo   TEL 026-215-2970

Facebookやってます。よろしければ友達申請してください。

Instagram
Instagram d_groov

LINEで予約、髪の相談も受け付けています。
LINE ID d_groov で検索して友達登録してください。
LINE@からもご予約などできます!
@hair.cielo で検索して登録してください!